お金をくれるパパと出会うには?

広島県府中市内でJメールで出会えたパパとの体験談

(30歳・OL・香菜)
 広島県府中市のOLです。
彼氏と別れたのをきっかけとして、出会い系に登録しました。
本当は新しい出会いを見つけて、前彼の記憶を薄れさせようと思ったのですが、思わぬ副産物を手にしました。
それが食事パパです。

 

 一方的に彼氏の方から別れを告げてきて、本当にショックでした。
アラサーの私にとって、この別れはかなり大きなものです。
実は結婚も視野に入れていたため、ショックがとても大きかったのです。
ただ引きずっていても、生活に支障が出てしまいますから、早めに忘れようという気持ちから、出会い系のPCMAXを利用しました。
良い出会いがあれば、それはそれで良し。
フィーリングさえ合えば体の関係を持って、より早く前彼のことを忘れることも可能です。
デートだけだって楽しめればそれで良し。
そんな気持ちでした。

 

 やりとりした人の中で、食事に付き合ってほしいと言い出した方がいたんです。
広島市内在住の40代の人でした。
純粋に食事のみ。
さらに、食事に付き合ってくれたら、お小遣いを出すと言われてしまったのです。
なんでも、美味しい料理のお店を知っているらしくて、それに釣らて出かけて行くことにしました。

 

 恰幅の良い、それでいて清潔感は持っている人でした。
もちろん恋愛とか、セックスの対象はありえなかったのですが、食事をご馳走になれるのだからという気持ちは強かったのです。
連れて行かれたのが、信じられないほど高級なお店。
これ、ご馳走になっちゃって大丈夫なのって、怖くなってしまうくらいでした。

 

高級料理を食べた後の支払いは、2万円。
こんなに?って、何だか恐縮してしまいました。
さらに、継続しないかなんて言われたんです。
あくまでも食事を食べるだけだと言うのです。
体は全く求めていなかったようでした。

 

 その後、食事のデートを続けられているのですが、本当に体を求めてきません。
レストランに連れて行かれて、1人では食べることができないような高級な料理を食べる。
そして毎度、2万円が支払われるという形です。
正直言えば、この関係を作ってしまって前彼のことなんかすっかりと忘れられているんです。
するつもりはなかったけど、結果パパ活に成功してしまいました。

page top