パパと出会う密かなテクニックとは・・・

30歳からでもできる港区女子がパパ活すればご飯だけでお小遣いがしこたまもらえる!

港区おじさんなんて、まさに羽振りの良いおじさんたちのことで、特に18歳から24歳くらいまでの女の子をターゲットに活動しているお金持ちたちですよ。

 

だからと言って30歳を越えている大人の女性では全然ダメなのかと言えば、これがそういうわけでもないんですよね。

 

もちろん、ファッションや美容整形にチャレンジしていくことで、今よりも好条件のパパと出会うことができるようになるのは言うまでもありませんが。

 

ただし、最初はそんなお金の掛かることなんてできるわけないですし、もらったとしても将来に向けて貯金をしておきたいですよね。

 

最初は普通の服装にしておき、そこから育成型のゲームみたいなノリでいろんなところにお金を遣ってくれるようなパパを探すようにしていくと、出会い系サイト自体は0円ですし、今のメイクやファッション以上の投資をしなくても会えるようになりますよ。

 

その代わりお小遣いは低めになりやすいと思うのはウソ!

 

パパは、1回のデート代で5万円程度なんて普通に持ってきています。

 

ただ、今後のデートも含めておしゃべりがいまいち弾まなかったり、性格が合わないようだと、1万円程度のお小遣いで帰宅されてそれっきりになってしまうこともあります。

 

こういうときは、もっともらえたのにとついつい悔しがることなく、別のパパとまた会えば良いだけです。

 

パパと会うのに損しないためにも予め会えない曜日や時間帯は書いておく!

 

出会い系サイトは、今だとPCMAXやハッピーメールなどではパパ活禁止になっていますが、その他の出会い系サイトだとJメールやら華の会メールなどでは、パパとの出会いが大いに期待できますよ。

 

大事なことは、ご飯に誘われたいことを素直に掲示板やプロフィールに書いておくことや、自分自身の活動スタイルまで書いておくとバッチリですね。

 

土日だけしかデートできないならそのように書いておく方が、一見断っているように見えてパパも分かってもらいやすいので、取りこぼしを防ぐことができるようになりますよ。

 

「本当は水曜日の夜に会いたいところだけど、土曜日の夜に会えるように予定を組み替えておくか!」

 

と思ってもらえればかなりラッキーですよね!

page top